手汗の悩みから行き着いた先のこと

MENU

\手汗を止めたいなら、試すしかない!/

△△△デトランスα手汗用はコチラ△△△

手汗を止めるためにしたこと、そして行き着いた先

手汗ひどく悩んでいます。
気になるのは主に紙に何かを書いていたり、パソコンで作業をしていたりと物事に集中しているときです。
恐らく交感神経が活発になり汗をかきやすくなっているのだと思います。

 

もともと汗をかきやすい傾向があるのですが、手は特に季節を問わず汗をかきます。
ひどいときは触れているものが汗でぬれてしまうこともあり、非常にわずらわしさを感じております。

 

人といるときは物をわたすなどちょっとしたことに不安を感じます。
手汗が気になったときは服でぬぐってしまうことが多いです。

 

身体の汗を止めるのにハッカ油を塗るというのをネットで見たことがありますが、
手に塗ってしまったら汗を止める以前に油分のぬるぬる感に耐えられないと思い実践に至りませんでした。

 

ベビーパウダーを付けるなどほかにも対処法はあるのですが、
手を洗ったら落ちてしまうことから手に何かを付けることに抵抗があります。

 

また、手汗を根本的に止めるための治療法も検索した経験がありますが、
それらがメスを使った手術であることに抵抗を感じ、
またお金もかかることから治療に踏み切ろうとは思いませんでした。

 

そこで思いついたのが、対処は手洗いでした。

 

手を洗ったところで時間が経てばまた手汗をかいてしまうのですが、
手汗を長時間放置すれば手のひらの雑菌が繁殖する恐れがあるので
手汗が気になったときはなるべく手を洗うようにしています。

 

石けんで洗うことが多いですが、個人的には食器用洗剤で洗った方が手汗対処に向いていると考えております。
泡立ちが良過ぎるので付けるのは1滴。

 

油汚れを落とすことが可能な食器用洗剤であれば普通の石けんより高い洗浄力があるので、
手汗によるベタつきを長時間抑える事が可能です。

 

ただ、これも手を洗い続けていると手荒れがひどくなってしまいました。

 

そこで、本格的に手汗を止めてくれてカンタンに塗れる制汗剤を探していたところ、
デトランスα手足用にたどり着いたんです。

 

今では、これで手汗の悩みは完了した。と思っています。